日焼け止め化粧品選び

夏日のような気温の高さに、強い日差し
日焼け止め化粧品(サンスクリーン剤)のコマーシャルや店頭でも目につくように並びはじめましたね。
いざ、日焼け止めを購入しようと思った時、意外と悩んでしまうのがSPFとPAの数値。

自分はどれを選べばいいのか迷うなんて事ありませんか?

 

そもそもSPF値って何?
SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。
シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。
20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。
つまりSPF20の場合、20分×20=400分=6時間40分。6時間40分までは日焼けが抑制されるということになります。

 

では、PA値って何?
PAは、プロテクション グレイド オブ UVA (Protection Grade of UVA)の略で、皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表すものです。
強いほうから+++、++、+の3段階で表示されています。
つまりSPF値やPA値が高いものほど日焼け止め効果が高いといえます。

 

ただし、効果の高い日焼け止め化粧品はお肌に負担をかけることがあります。
日焼け止め化粧品の成分には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があるのですが、吸収剤は時々肌荒れの原因になりますし、散乱剤はお肌の乾燥を招くことがあります。日常生活であればSPF20くらいで、PA++程度のものを使うとよいでしょう。毎日使うのであれば吸収剤不使用(ノンケミカルなどと表示)のものをオススメします。

 

老化の原因の七割が紫外線によるものとまでいわれています。
どんなにすばらしい化粧品を用いても、紫外線からお肌を守るケアをしていないとすべてのお手入れが台無しですね。
最近のUVケアは美容液や乳液のように伸びがよくお肌に負担の少ないものも揃っていますので、毎日使うもの、リゾートやスポーツ用は落ちにくさを優先させるなどシーン別に分けるとよいでしょう。
日傘や帽子を活用するなどの工夫も忘れずに、めざせ美白肌美人!!